アフィリエイトで失敗してから稼ぐ方法【読んだら即行動】

こんにちは、イケダです。

アフィリエイトで稼ごうとしている人なら

 

吹き出し1 画像
駆け出しブロガー
ブログやSNSを始めてみたけどまったく稼げない!
吹き出し3 画像
やり尽くしたが稼げないブロガー
正直もうどうしたらいいのかわからない^o^

 

などと、一度は考えたことがあるでしょう。

 

僕は今でこそアフィリエイトの収益だけでも生活できる状態ですが、始めて半年ほどは1万円すら稼げませんでした…。

まさに『稼げない、失敗した!』と感じていたアフィリエイターだったんですね。

特殊な才能はおろか努力する根性すらなかったので、毎日アフィリエイターを辞めることばかり考えていました。

 

今回は、そんな救いようのない状況からアフィリエイトで稼ぐまでに気づいたこと、やったことについてお話します。

 

すぐに実行できる内容ばかりなので、最後まで読んだら即行動してみてください。

本記事では、ブログアフィリエイトに焦点を当ててお話していきます。

アフィリエイトで失敗するのは時代遅れだから?

アフィリエイト 失敗 画像1

『アフィリエイトで失敗するのは時代遅れだからだ!』

なんて意見を、さまざまなブログやSNSで見る機会があります。

他にも

『ブログはオワコン、もう稼げない!』

みたいなフレーズも見かけたりしますよね。

 

結論から言うと、アフィリエイトは時代遅れではありませんし、ブログでも十分稼げます。

アフィリエイト、特にブログがオワコンだといわれる原因は、主に2つあります。

アフィリエイトマーケティング協会が、国内主要ASPを利用しているアフィリエイターに実施した、アンケート結果を見てみましょう。

2020年アフィリエイト月収(前年比)
(引用:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020年

アフィリエイターの増加で、2020年は2019年よりも100万円以上を稼ぐアフィリエイターの割合は減少しています。

一方、100万円以上を稼ぐアフィリエイターの人数自体は、減少せずに増加しています。

2020年時点でのアフィリエイトが、2019年に比べて稼げなくなったわけではないとわかりますね。

 

つまり、アフィリエイトが時代遅れだと言われるのは、アフィリエイターが増加して稼げない人の割合も増えたからです。

そして、以下の『インターネット広告媒体費総額の推移』のグラフもご覧ください。

インターネット広告媒体費の総額

(引用:2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

徐々にインターネット広告媒体費の総額が増加して、市場が拡大しているとわかります。

ブログもインターネット広告で稼ぐわけですから、時代遅れではないといえますね。

 

2021年からブログを作り始めたとしても、決して遅くはないです。

SEOについて理解している方ならわかると思いますが、悩むくらいなら早く始めて仕込むべきですね。

 

しかし、必死に記事を書き続けても稼げないブロガーが多いのは事実です。

次の項目では、アフィリエイトで失敗する原因について見ていきましょう。

アフィリエイトで失敗する主な原因

アフィリエイトで失敗する主な原因

『この手法を使えばアフィリエイトで簡単に稼げる!』

『面倒な作業は不要、これだけで月収○○万円!』

みたいな文言で、情報商材が宣伝されていたりするのをよく見かけます。

 

『じゃあアフィリエイトってめっちゃ簡単に稼げるのか!』

などと考えて、ブログを始めた方もいるのではないでしょうか。

ちなみに僕がそうでした。

 

『少しでも楽して簡単に金儲けがしたい!』

と本気で考えて、さまざまな情報商材を買い漁っていました。

宣伝の文言が本当かどうかはモノによりますが、簡単に稼げないのが現実です(笑)

 

ここからは、アフィリエイトで稼げない原因は何なのかについて解説していきます。

作業量を増やせば稼げると思っている

何となくわかっている方が多いとは思いますが、作業量を増やすだけではアフィリエイトで稼げません。

アフィリエイトされる側にとって有益な情報を発信していなければ、商品の魅力が伝わらず購入してもらえないからです。

 

特にブログアフィリエイトでありがちなのが、

『○○記事書けば月○○万円稼げる!』

みたいなやつですね。

 

確かにしっかりリサーチして読者に価値提供できれば、記事を書くほど商品が売れて報酬も手に入ります。

しかし、ただ何も考えずに記事を書き続けても、読者は

『知りたいこと知れたし帰ろ(ブラウザバック)』

『他の商品でも悩みを解決できるな(再検索)』

と考えてしまうので意味がありません。

 

実際に僕も匿名ブログで無駄な記事を量産して、アフィリエイトに失敗したことがあります…。

ブログ 記事数

6ヶ月間ほぼ毎日更新して、160記事(不要な記事を削除したので121)を執筆。

結局トータルで40万円ほど稼ぎましたが、随分と時間がかかってしまいました…。

しかも収益が安定していないので、アフィリエイトで成功したとは言い難いです。

 

僕が『ただ作業量を増やせば稼げる』と思い込んでしまった原因は、超簡単なモノです。

アフィリエイトをネットビジネスだと思っていなかったことだと、今では言い切れます。

 

『読者に価値を提供して、対価としてアフィリエイト報酬をもらう』

といった視点で、しっかりアフィリエイトをネットビジネスだと捉えられれば、

自ずと学ぶべきこと、やるべきことが見えて、ノウハウを活用できるようになります。

 

『それだけ??』

と思うかもしれませんが、そこを理解せずにSEOやノウハウだけ学ぶから、

自己満足で記事を量産して報酬が発生せず、アフィリエイトで失敗してしまうのです。

超重要な視点なので、アフィリエイトで失敗している方は、今からこの視点を持つように意識してください!

 

アフィリエイト初心者でゼロからネットビジネスを学びたい方は、オウンドビジネス大百科(3部)をご覧ください。

ごたいそうなLPが表示されますが、オウンドビジネス大百科はすべて完全無料です。

現役で稼ぎ続けているプレイヤーが、ネットビジネスについて網羅的に解説しています。

 

また、LP自体を読むだけでもコピーライティングの勉強になるので、読んでおいて損はありません。

アフィリエイトで失敗した方は、ネットビジネスについて学び直して読者に価値提供できる記事を執筆しましょう。

Googleアルゴリズムの変化に対応できていない

ネットビジネスを学んでしっかり土台を作ったら、次はGoogleアルゴリズムについて知りましょう。

 

Googleアルゴリズムとは、簡単にいうとGoogleの検索順位を決める仕組みのことです。

以下の画像のように、Googleでキーワードを検索すると記事が表示されます。

Googleアルゴリズム 検索順位

Googleはこの仕組みを、定期的にアップデートします。

ですので、アップデートの内容を把握していない方は、記事の検索順位を上げられずアフィリエイトで稼げません。

 

アフィリエイトが時代遅れだといわれる主な原因は、Googleアルゴリズムのアップデートです。

既存の手法で稼げなるタイミングで、オワコン呼ばわりされる傾向があります。

 

たとえば、2016年頃まではキュレーションサイトが強い時代でした。

SEOだけを意識した低質な記事を大量生産するだけで、

簡単にアフィリエイト報酬を稼げたのです。

 

しかし、Googleは読者にとって低質な記事が増えることを嫌う傾向があります。

そのため、Googleアルゴリズムをアップデートして、露骨なキュレーションサイトを排除しようとする傾向があります。

 

キュレーションサイトを運営しても稼げないブロガーが増えたので、アフィリエイトはオワコンだといわれました。

以上のように、Googleアルゴリズムが大幅アップデートされるたびに

『アフィリエイトはオワコン』だといわれるので、気にするだけ無駄です。

 

稼げない言い訳をする前に、最新のGoogleアルゴリズムについて把握しましょう。

GoogleアルゴリズムやSEOなどについて最新情報を学ぶなら、

おおきさん(@ossan_mini)の運営するサイト『SEO対策の森』がおすすめです。

 

SEOについて学んでいる方なら、一度でも名前を目にしたことがあるのではないでしょうか。

2020年12月現在でも通用するノウハウがギッシリ詰まったサイトなので、Webライターやブロガーの方は必見です。

稼げないジャンルを選んでいる

アフィリエイトで稼ぐうえで、ジャンル選びは重要です。

ジャンルによって稼ぎやすさが異なるからです。

 

ジャンルを簡単に分類すると、以下の4種類になります。

①需要が多く競合が少ない
②需要が多く競合が多い
③需要が少なく競合が少ない
④需要が少なく競合が多い

需要が多く競合が少ない①のジャンルは、アフィリエイトで稼ぎやすいです。

しかし、すぐに競合が増えて、②の稼ぎづらいジャンルになります。

 

2017年の仮想通貨は、まさに①のジャンルでした。

競合が少ない春頃に仮想通貨関連のサイトを仕込んだアフィリエイターは、

仮想通貨の需要が増加した2017年11月頃から2018年1月にかけて、数百万~数千万を稼ぎました。

 

僕も2017年11月に急いで仮想通貨のサイトを立ち上げましたが、

画像のようにアフィリエイト報酬を発生させられました。

仮想通貨 アフィリエイト

とはいえ、仮想通貨のようなボーナスステージは、滅多にありません。

ですので、ある程度需要があり競合が少ないジャンルを選びましょう。

 

今から狙うなら、③のジャンルをおすすめします。

『需要が少ないから稼げないのでは??』

と思うかもしれませんが、あくまでジャンル全体での話です。

キーワードによっては、まだまだ需要があり競合が少ないケースがあります。

 

そして、作りたてのドメインパワーが小さいサイトでも、

③のように競合が少ないニッチなジャンルなら、検索順位上位を狙えます。

キーワードを検索した際に広告が少なく、検索1ページ目に大手サイトが少なければ狙い目です。

しっかり市場をリサーチして、稼げるジャンルを見つけましょう。

最初から完璧を求め過ぎて行動できない

『しっかり勉強してからブログを始めたい!』

アフィリエイト初心者なら、そう考えている方がいるでしょう。

アフィリエイトを始めるなら、しっかり準備して確実に報酬を手に入れたいですよね。

 

しかし、完璧に勉強していると、時間がいくらあっても足りません。

ネットビジネスやコピーライティング、SEOを極めようと思えば、数年はかかります。

 

完璧にすべてを学んでから行動していると、Googleアルゴリズムがアップデートされて、

学んだノウハウが使えなくなるかもしれません

そうなれば、また一からノウハウを学び直すことになります。

時間や労力が無駄になりかねないので、行動しないのは一番まずいです。

 

アフィリエイトで稼ぐだけなら、すべてを極める必要はありません。

それよりも、少しでも早く学んだことを活かしながら、アフィリエイトに挑戦しましょう。

作業を継続・習慣化できていない

アフィリエイトに限らずネットビジネスで成功したい(稼ぎたい)なら、作業の継続と習慣化は必須です。

行動の結果を見て、徐々に軌道修正しながら成功していくものだからです。

 

たとえば、ブログアフィリエイトでは、新設サイトで記事を公開してもすぐに結果は出ません。

記事の検索順位が反映されるのに時間がかかりますし、一発で読者の要求に応えることは難しいからです。

 

ですので、アフィリエイトで稼ぐために、ツールでサイトのエラーや読者の行動などを見て、

サイトをいじったり記事をリライトしたりして軌道修正します。

人間を相手にビジネスするわけですから、稼ぎ続けるなら作業の継続・習慣化は必須です。

 

『何もしないでブログから月収○○万円!』

みたいな不労所得を得ている状態が作れるのは、試行錯誤の末にアフィリエイトで成功してからの話です。

アフィリエイトで成功するには、やるべきことが山のようにあります。

毎日作業を継続して、稼ぐための行動を習慣化させましょう。

孤独感や焦りでモチベを保てない

一人でネットビジネスをやっている人あるあるなんですが、孤独感を覚えたり焦ったりしてモチベを保てなくなります。

アフィリエイターによっては、

『一日中一人でいるのがつらい…』

『いつ成功するかわからない…』

などと考える性格の方がいますからね。

 

アフィリエイターはサラリーマンとは異なり、基本一人で作業します。

一日中一人ですし、仕事で悩みがあっても相談する相手がいません。

そのため、孤独感に耐えて自力で問題を解決する能力がある人ほど、アフィリエイトで早く結果を出せます。

 

『じゃあ一人が苦手な人は成功できないの?』

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

今は、コミュニティで成功している人に相談・交流できる時代です。

一人で悩みながらネットビジネスをする時代は、終わりつつあります。

 

メンター的存在ができるだけで、見えている景色が変わります。

ネットビジネスで成功している人の視点を知るわけですから、当然といえば当然ですね。

 

僕がアフィリエイトで失敗したときも、結局コミュニティに参加してから大きく成果が出始めました。

誰かに相談できる安心感を得たことがキッカケで、集中してアフィリエイトに取り組めたから成功できたと言い切れます。

 

もちろん、自分で判断して行動できない場合、コミュニティに参加してもお金は無駄になりかねませんが…。

結局一人で稼ぐ能力がない人は、コミュニティが解散したときに稼げなくなりますからね。

ですので、しっかり目標を決めて行動しているけど、なかなか上手くいかず一人じゃドン詰まりな状態な方は、

コミュニティへの参加を検討してみましょう。

【すぐ実践】アフィリエイトで失敗した人が稼ぐ方法

アフィリエイト 成功する方法

アフィリエイトはよほど大きなトレンドにでも乗らない限り、結果が出るまで半年~1年はかかります。

ですので、アフィリエイトで稼げていない方は、失敗したと感じるかもしれません。

 

しかし、全然失敗したわけではないので、諦めるには早すぎます。

どうしても『一人では上手くいかない!』と感じる方は、先ほど解説したとおりコミュニティに参加してみましょう。

 

ただし、最終的にアフィリエイトで成功するのは、やはり自分で考えて行動できる人です。

ですので、まずはこれから紹介する方法を実践し、試行錯誤してみてください。

結果を出している人を参考にイチから学ぶ

アフィリエイトで失敗してなかなか結果が出ない方は、一度学ぶ人(サイト)を再検討してみましょう。

学ぶサイトを選ぶ基準は、挑戦したいジャンルで稼いでいるかどうかです。

 

あなたが挑戦したいジャンルで稼いでいるサイトは、そのもの自体が参考になります。

優秀なブロガーが、試行錯誤の末に導き出した答えだからです。

 

サイトの構造、内部リンク、キーワードの選定方法など、ハッキリいってパクれる部分はパクるべきです。

もちろん、Googleアルゴリズムがアップデートされるので、

SEOの基礎知識をしっかり学んでおかないといけませんが…(笑)

 

しっかりとSEOを勉強したうえで、稼いでいるサイトを参考にしましょう。

SEOだけでなくWeb集客についても学ぶ

SEOを極めれば、アフィリエイトで稼げます。

記事が検索1ページに表示されれば、多くの集客を見込めますからね。

 

SEOなら無料で集客できるので、資金がないアフィリエイト初心者は最初に注力すべきです。

PVだけでアフィリエイトは成功できませんが、PVがなければ稼げないのも事実です。

まずは、多くの人に記事を読んでもらうところから始めましょう。

 

そして、Web集客についても学んで実践してみてください。

アフィリエイトに限らず、今ネットビジネスで稼ぐなら、TwitterやInstagramなどのSNSでの集客は基本です。

 

Web集客でSNSを利用するメリットは、以下のとおりです。

・Googleアルゴリズムのアプデに振り回されない
・検索順位が下がった際のリスクヘッジになる
・ブラウザ検索しない層を集客できる

ブログ一本でアフィリエイトをしていると、Googleアルゴリズムのアップデートが原因で稼げなくなるかもしれません。

検索順位1位の記事が、突然検索2ページ目以降に飛ぶ可能性があるからです。

 

以下の画像は、端末別の各日付内の変動幅平均値を表したグラフです。

2020年9月~12月は、かなり順位の変動が激しいとわかりますね。

ナマズ 検索順位 変動

(引用:namazu.jp

以上のとおり、SEOだけを頼りにアフィリエイトで稼ぐのは危険です。

ですので、ある程度記事を執筆したら、SNSの運用を開始してフォロワーをブログに誘導しましょう。

 

また、Googleの検索エンジンを使わずに、SNSで知りたいことを検索する人もいます。

そういった層もブログに誘導できるので、SNSの運用を始めておいて損はありません。

インプットとアウトプットのバランスを取る

アフィリエイトで成功するには、学ぶべきことが山のようにあります。

『アフィリエイトで失敗した!』と感じている方なら、よくご存知でしょう。

 

市場調査、SEO、ライティング、SNSの運用方法…と、

いくら学んでもキリがありませんよね。

 

特にアフィリエイト初心者の頃は、何をどのように学んで、どう情報発信すればいいのかもわかりません。

そのため、先ほど解説したとおり、ついつい完璧を求めてインプットばかりしがちです。

 

しかし、インプットだけに注力していると、いつまで経ってもアフィリエイトで成功できません。

インプットした情報をアウトプットしないと、ブログは未完成のままです。

アフィリエイトで失敗すらできないので、なぜ成功しないのかもわかりません

 

ですので、インプットとアウトプットのバランスを取って情報発信しましょう。

具体的には、以下の手順で行います。

行動 扱う情報量の割合
①インプットする
(情報発信する内容を学ぶ)
3
②インプットした情報を整理する 3
③アウトプットする
(記事を執筆する、SNSでつぶやく)
3
④リライト
(足りない部分を補う)
1

インプットする情報量の割合は、アウトプットと同じにしましょう。

アウトプットする情報量が、読者が目にする情報量だからです。

 

インプットする情報量だけが多くなると、以下のように無駄が発生します。

7(インプットする情報量) – 3(アウトプットする情報量)
=4(無駄な情報量)

無駄な情報量分は、読者に価値提供できていない分です。

つまり、ビジネスでは1円にもなりません

 

ですので、アウトプットを意識して、情報をインプットしましょう。

無駄なくインプットできるので、効率良く結果を出して改善できます。

 

『学ぶ→行動→結果を見る→改善』

のサイクルを回して、少しでも早くアフィリエイトで成功しましょう。

サイト運営者の視点でライター業に就いてみる

ここまで記事を読み進めて、

『ダラけてしまってなかなか行動できない』

『結果が出るまで稼ぎがないのはつらい…』

『ライティングが上達しているかわからなくて不安』

『いきなりブログ運営する自信がない!』

と考えている方もいるでしょう。

 

そんな方は、Webライターとしての経験を積んでみてください。

Webライターをおすすめする理由は、以下のとおりです。

・初心者でも仕事を受注できる
・いきなり稼げる
・締め切りがあるのでサボれない
・ライティングマニュアルがもらえる
・ライティングスキルを試せる
・記事執筆の習慣が身につく
・サイトの運営方法を学べる

Webライターは、初心者の方でも仕事を受注できます。

2020年12月20日にクラウドワークスで初心者可のブログ記事作成の仕事を検索したところ5,364件もヒットしました。

以下の画像は、その中の一部です。

『求めるレベル』が初心者に設定されているので、これからWebライターを始める方でも応募できます。

クラウドワークス ブログ記事作成 案件 例

そして企業によりますが、ライティングマニュアルがもらえるので、Webライター初心者でも安心です。

必要最低限のライティングスキルを無料で学べるので、かなりありがたいですね(笑)

 

さらに、アフィリエイトで挑戦したいジャンルの仕事を受注すれば、サイトの運営方法も学べます

キーワードの選定、内部・外部リンクの設置、装飾方法など、さまざまな項目に注目してみましょう。

 

サイト運営者の視点で

『ここはこうなっているのか』

『自分ならこうするな』

『こうすればもっと読者は読みやすいんじゃないか』

と考えながらWebライター業に就けば、第三者のブログでアフィリエイトを学びながら実践できます。

アフィリエイトで失敗したらまずは現状を把握

今回は、アフィリエイトで失敗しても稼げるといった内容をお話しました。

 

アフィリエイトで失敗した、したくない方は、まずご自身の現状を把握しましょう。

確認するポイントは以下のとおりです。

・ネットビジネスを学んでいるか
・Googleアルゴリズムの変化に対応しているか
・稼げないジャンルを選んでいないか
・完璧を求めすぎていないか
・作業を継続・習慣化できているか
・結果を出している人を参考にしているか
・Web集客について学んでいるか
・インプット過多になっていないか

ご自身に足りないものを補って、行動→改善のサイクルを回してみてください。

 

アフィリエイトで成功するためには、まず失敗することが重要です。

いきなり、読者のニーズに100%応えるのは無理ですからね。

徐々に軌道修正しながら読者のニーズに寄り添えば、アフィリエイトで稼げるようになります。

 

『独学でアフィリエイトに挑戦するのは難しい!』

そう考えている方は、以下のことを試してみてください。

・Webライターでブログ運営のいろはを学ぶ
・コミュニティで成功者に相談する

 

ハッキリ言って、アフィリエイトで稼いだ経験のない人が、すべて自分で考えて成功するのは困難です。

アフィリエイトで成功している人と失敗している人では、ネットビジネスで稼ぐ感覚が異なりますからね。

 

ですので、利用できるものはすべて利用して、効率良くアフィリエイトで成功しましょう。

一人でアフィリエイトに挑戦するよりは、素早く結果を出せます。

 

Bizcampでは、オウンドビジネス大百科を無料で配布するだけでなく、無料でビジネス相談会を開催しています。

ネットビジネスをゼロから学ぶついでに、ご自身が今悩んでいる、迷っている内容を相談してみてください。

無料でネットビジネスについてゼロから学ぶ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

イケダ

Bizcamp CTA

『起業3年目までに必要な知識』をゼロから学べるスタートアップ講座

『オウンドビジネス大百科』

数万円相当の情報を完全無料で公開しています。

スタートアップ講座を受講する