マイクロ法人の設立前後で専門家の税理士に依頼するメリット・デメリット

こんにちは、カノウです

Webマーケターとして事業を行い始めた頃、なんとかして少しでも出費を減らしてお金を残したいと考えて、さまざまな節税対策を実施しました。

中でも特に今話題なのが、個人事業主と小規模な法人を掛け持ちして社会保険料を抑える施策です。

そのうち税制改正で封じられそうなスキームではありますが、まだまだ節税対策として有効です。

 

しかし個人事業主だけでも税金の扱いに苦労するのに、法人と掛け持ちするとなればさらに苦労します。

特にマイクロ法人を設立する際には、税務の複雑さが大きな懸念点です。

本記事ではマイクロ法人の設立前後に税理士のサービスを利用することのメリットとデメリットを深く掘り下げ、経営者が直面する可能性のある税務上の課題とその解決策を提供します。

賢明な経営判断を下すための洞察を得ることが、事業の成功への鍵となります。

参考記事:マイクロ法人で税理士は必要?相談時の注意点や費用相場を解説

マイクロ法人設立前の税理士依頼のメリット

1. 専門知識の活用

節税対策: 税理士は税務に関する専門知識を持っているため、法人設立時の節税戦略を提供できます。

これには、適切な事業構造の設計や税制優遇措置の利用が含まれます。

会社設立の手続き支援: 法人設立の際の複雑な手続きをサポートし、時間と労力を節約できます。

2. リスク管理

税務上の違反の防止: 初期段階から税理士に相談することで、税務上の誤りを防ぎ、将来的な罰金や追徴税のリスクを軽減します。

3. ビジネス計画の策定

財務計画の支援: 長期的なビジネス計画の策定において、税理士は財務面でのアドバイスを提供できます。

これには、キャッシュフローの管理や予算計画が含まれます。

マイクロ法人設立前の税理士依頼のデメリット

1. コスト

初期費用の増加: 税理士に依頼することは、設立初期の費用を増加させる可能性があります。

特に資金が限られているスタートアップにとって、大きな負担になることがあります。

2. 依存性の形成

自社の税務知識の欠如: すべてを税理士に依頼することで、自社内での税務知識やスキルの形成が遅れる可能性があります。

マイクロ法人設立後の税理士依頼のメリット

1. 税務申告の正確性

正確な税務申告: 税理士は税務申告を正確に行い、適切な申告期限の管理を行います。

これにより、遅延や誤りによる罰金を防げます。

2. 経営上の意思決定

財務アドバイス: 継続的な財務状況の分析を通じて、経営上の意思決定をサポートします。

たとえば、投資や事業拡大の際の財務的な意思決定です。

3. 時間の節約

経営に集中: 税務処理を専門家に任せることで、経営者はビジネスの成長に集中することができます。

マイクロ法人設立後の税理士依頼のデメリット

1. 費用

継続的なコスト: 定期的な税務サービスには継続的な費用が発生します。これは中長期的には企業の財務に影響を与える可能性があります。

2. 柔軟性の欠如

限定されたアドバイス: 一部の税理士は特定の業種やビジネスモデルに特化していないため、特定のニーズに対応できない場合があります。

まとめ

マイクロ法人を設立する際、税理士に依頼することは多くのメリットをもたらしますが、コストや依存性の形成などのデメリットも考慮する必要があります。

最終的には、自社のニーズ、資金状況、およびビジネスの特性を考慮して、税理士のサービスを利用するかどうかを検討することが重要です。

Bizcamp CTA

『起業3年目までに必要な知識』をゼロから学べるスタートアップ講座

『オウンドビジネス大百科』

数万円相当の情報を完全無料で公開しています。

スタートアップ講座を受講する